The link at the date of the calendar is an entry.
島根 開春 寛文の雫 木桶熟成21BY
2014-01-29 Wed 17:13
はい、水曜日


寒かったり、暖かくなったりの札幌です。

今日は陶芸教室でした




二キロの大皿の削りと化粧土かけ

来週、絵入れです。春に向け梅でも描く予定。

そして、板造りの皿一枚。色々使いやすそうです。

ではお酒から


昔むかーーーしの酒造りも復活させた酒。

中国の『三才図会』

昔の絵入れ百科事典なものがあり、それを真似て


1712年の江戸時代に和漢三才図会という百科事典できて、その百科事典を参考に当時の日本酒を忠実に再現した日本酒だそうです。

真っ黒で醤油みたいですが日本酒です。

日本酒度マイナス100

アルコール14%

酸度4.7

アミノ酸度10.2

現代の日本酒では味わうことの出来ない。ほぼ紹興酒の世界。

甘~いキャラメルのような味にほんのり木の香り

江戸時代は、砂糖も貴重品で、こういった酒で糖を摂取していたようです。


ロックでちびちび

高雄のソフトクリームにかけてもよし



お燗でも間違いなしです。


是非!


あと、漬物つかりました。



きゅうりのぬか漬けにごぼうの味噌漬け


酒が飲みたくなりますよ。

では、お待ちしています。


追伸、本日、友人に誕生日プレゼント貰いました。





ポテトチップス箱で…


なんぼ太らすねん。。。ぽてち好きだから嬉しいけど。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
<<宮城 伯楽星 特別純米 | 味処 高雄の店長&スタッフブログ | 2月のメール会員様イベントのお知らせ!!>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 味処 高雄の店長&スタッフブログ |