The link at the date of the calendar is an entry.
いよいよ本日
2013-01-27 Sun 02:04
小学校三年生でしたか…


母親に突然冬のスキー場に連れて行かれました。

円山の小さなスキー場「荒井山」

山を登ると、同じ歳位の子達がサーカスみたいな曲芸を見せておりました。

それが、スキージャンプと言う競技


当時、始めて見るスポーツでした。


母親は、これをやれと言い出します。


泣いて拒んだのを覚えてます。




気づいたら熱中しておりましたが…


母親いわく、強い子にしたかったと言ってました。



それから、二年


新人の後輩が、ジャンプ少年団に入部してきました。

その少年が、金子祐介

本日放送、このドラマの主人公のモデルになった男です


私は、二十歳頃まで、ジャンプをやっていました

後半は、遊んでばかり


大学二年で、学校もジャンプも辞めることにしたのですが…

とても、幼い自分は、途中離脱するにも関わらず周辺の方々に説明もしないで辞めてしまうのでした。また、一生懸命やってもいなかったのに、引退するなんで、恥ずかしくて言えなったのか…

でも、祐介だけには、辞める事を伝えていて、
最後の旭川の大会でした。

競技も終って帰る時…


「健太郎さん、お疲れ様でした。」っと声をかけてくれました。



「ありがとう」と言いたかったのですが、なんだか涙が溢れ声も出せなかったのを覚えています。

あれから、私も色々あり…


祐介もとても色々あり…


最近は、マラソン友達として切磋琢磨しております。


そんな、とても色々あった祐介と奥さんがモデルになったドラマが本日放映されます。

「バッケンレコードを超えて」


是非、お時間作って見てみて下さい。


僕が、とても影響と刺激をうける人のお話です。

今年は、共にサロンウルトラ100キロマラソンに挑戦します。

人生を思いっきり生きたいものです
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:1 | トラックバック:0
<<本日も宜しくお願いします。 | 味処 高雄の店長&スタッフブログ | はい、きたきたー!!>>
この記事のコメント
健太郎さんお久しぶりです。
金子祐介君とは直接面識はありませんが、後輩の木本克成通して、現役時代から応援してました(東京美装絡みで)。
奥様の病気はドキュメンタリーで拝見しました。
神様のいたずらにしてはとても残酷ですね・・・
昨年ウチの妻も大病しまして、今日の放送は少し感情が入ってしましそうです。

マラソン頑張ってますね、シンジ君も頑張ってるみたいで。
尊敬します。
2013-01-27 Sun 11:42 | URL | ぐんかん岬 #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 味処 高雄の店長&スタッフブログ |